スラムダンクその後続編「あれから10日後」のストーリー&井上雄彦×資生堂コラボCM動画がかっこよすぎる!

スラムダンクファンには有名な「あれから10日後のストーリー」。 これは2004年12月、井上先生が1億冊突破記念として、神奈川の廃校になった高校の黒板を借りて描いたもの。

スラムダンクのその後 あれから10日後

黒板に描かれたスラムダンクのその後  最終回から10日後の様子を描いたストーリー

湘北高校バスケ部の10日後

・始まりは9月10日から。桜木はリハビリ中のため学校を欠席
・天才桜木はすでに「リハビリ王」としてリハビリ界の頂点に立っている
・赤木が引退したため枠がひとつ空く。一体誰がスタメンに?
・ミッチーはバスケで大学推薦を目指す。不良時代の勉強不足に再び後悔。
・彩子と安西先生、よそよそしいな
・流川はアメリカ留学を目指しイヤホンで英語を習得中
・引退したゴリはバスケがしたくて勉強が手につかない
・メガネ君はゴリを裏切りあっさりバスケ部を見学に
・りょーちんは授業をさぼり鬼キャプテンの勉強中

冬の選抜に選ばれるのは1チームだけ!

何かを変えなければと話していた翔陽がとった行動

・花形はメガネをチェンジ
・長谷川はツンツン頭から坊主に
・エース藤真はヒゲをはやし後輩に泣かれる

陵南は新キャプテンをめぐる戦い

・魚住は板前になったが後輩が心配で毎日顔を出す
・新キャプテン仙道は練習をさぼり釣りをしている
・彦一は仙道のコート上とのギャップを嘆き要チェック

IH2位の海南の強さを取材する要チェック彦一の姉

・サーフィンしている牧に遭遇
・とりあえず黒さの秘密はつかむ
・犬と互角に走る清田の秘密をつかむ
・黙々と走りこむ神に真の海南の強さを感じる

田岡・高頭の監督争い

・国体のメンバーを妄想する
・湘北、海南、陵南の最強メンバーで布陣を組み妄想する
・どっちが監督になるかで妄想する
・バチバチする
・永遠に続く

湘北に負けた王者・山王工業

・深津ぴょんが落ち込んでいる
・ポールたちが励ます
・ただ「ぴょん」に飽きただけぴょん
・「ぴにょん」にするぴょん
・バスケに関しては誰よりも尊敬しているからな深津

・初めての「負け」を受け止める丸ゴリ
・沢北は冬の選抜にはいない
・弟、みきおを3ヶ月で育てると決意
・第二の花道になれるか期待


・沢北はアメリカへ
・飛行機で英語を勉強
・間違えてワインを注文し酔っぱらう

桜木軍団も花道を見て何かを感じる

・花道の試合がないのでヒマしている
・高宮の一言「おめーらもよ...」
・「自分の何かみつかるといいよな」
・「おめーもな」
・「おめーがだ」

リハビリ中の桜木の名言にてラスト

・少年に「湘北の10番だ」と声をかけられる
・担当医に「日本人で初のNBAプレーヤーがうまれた」と聞かされる
・ほとんどの人が日本人には無理だと思っていた
・無理だと言うのはいつだってチャレンジしてない奴
・「次は俺だ」
・「天才ですから」

END

 

かっこよすぎです、井上先生。

 

 

ちょっと気になった描写シーンを回収

日本人初のNBAプレーヤーとは?

最初、この動画、スラムダンクの登場人物の中の誰かがNBAプレーヤーになった、という流れかと思っていましたが、実際に存在する選手、田臥勇太(たぶせゆうた)選手のことのようです。

田臥選手は2004年9月にサンズと契約して日本人初のNBAプレーヤーになっている。

あれから10日後は2004年の12月に描かれたものなので、井上先生が田臥選手に敬意を表して登場させたと思われる。

あれほどの作品を書ける井上先生だから、実際に日本のバスケット選手のレベルも上がり、連載当時は不可能と言われていたことが現実になったことが、本当にうれしかったんだろうなと感じます。

花道の「次はおれだ」という負けず嫌いな性格、どんどん開花してゆく才能、スラムダンクのさらにその後には有言実行している花道がいるかもしれない。

と想像するだけでわくわくします。

 

 

 

 

 

本当に実在しそうな躍動感!!スラムダンクのCMにその後のストーリーが!

資生堂AlephとスラムダンクがコラボしたCMがとにかくかっこよすぎ!!

こちらは2009年に井上先生が手書きで描いたスラムダンクのマンガがアニメーションのように動き出す資生堂とコラボしたCM!

この漫画のイラストのまま、生きているかのように華麗なシュートやプレイを披露するスラムダンクのキャラクターたちがかっこよすぎて感動!

リョーチンから花道へのアリウープとか、

流川の華麗なドリブルテクニックとか、

井上先生の絵で描かれて、それがアニメーションのように動いている。

目の前で本物の花道や流川がプレイしているかのような錯覚を覚える素晴らしい動画。

ありがとう。この一言に尽きる。

 

 

 

 

CMの中でスラムダンクのその後が描かれた細かな描写が話題!

CMの動画の中にスラムダンクのその後を思わせる描写が登場し、ファンの間では話題となった。

・宮城が4番なのでキャプテンになった続編の物語?

・桜木の赤い坊主頭が伸びている

・流川のバッシュがジョーダン5からジョーダン12に

 

など井上先生のこの細かな演出がファンの心を熱くさせる。

花道も流川もリョーちんも、何だかレベルアップしているような...

これからもスラムダンクの続編、少しずづでもいいので見せてほしいと願います。

 

スラムダンクのその後 気になるストーリー

他にもスラムダンクのその後で気になる展開はたくさん。

・赤木の抜けた冬の選抜、1枠空いたスタメンを勝ち取るのは誰だ?

・その後、流川と桜木はどれほどの実力に?

・名朋工業・森重寛 VS 桜木花道の対決は?

・花道を超える期待の新入生は現れるのか?

・湘北は翌年、IHを制すのか?

 

スラムダンクのその後のストーリー。まだまだ知りたいことはたくさんありますが、これも読者の想像に任せる、といった終わり方も、色々な想像を掻き立てられて、それがまた楽しいんですよね。

今でも読者の心の中に、奴らはいるんです。

 

 


漫画・コミックランキング

 

スラムダンク あれから10日後 [完全版]

 

Pocket

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です